仮想デスクトップ

今話題のDaaSとは?メリットと特徴についてわかりやすく解説

DaaSは外部ベンダーによって構築されたクラウド環境にて、VDI仮想デスクトップ)を各契約企業に提供し、クライアント端末に取り込み使用する機能です。近年、オンラインやテレワークでの仕事が増え、同時に端末の紛失や情報漏えいのリスクも高まっています。DaaSは簡易なPCにおいても、自社の理想となるVDI環境とセキュリティに関する要件を同時に満たすことが可能なサービスです。DaaSの活用は低価格で高いセキュリティ水準を保有し、運用負担も低く、業務効率化を図ることができます。本記事ではDaaSの特徴やメリットを解説します。

今話題のDaaSとは?メリットと特徴についてわかりやすく解説

Azure SQL DatabaseとSQL Serverの違いは?

DaaSとはそもそもなにか

DaaSはDesktop as a Serviceと呼ばれ、ネットワークを経由してオンプレミス環境においてVDI環境をクライアント端末に導入して利用するサービスです。DaaSは簡易の端末でも高いパフォーマンスを発揮することができます。DaaSの特徴はサービス提供プランにより異なり、主に3種類の「プライベートクラウド」や「バーチャルクラウド」、「パブリッククラウド」から目的や用途に合わせて選択できます。また、DaaSには3種類の展開方式が用意され、「フルクローン方式」や「リンクローン方式」、「ネットワーク方式」から選べます。

  • フルクローン方式は1台のVDIを作り、複製して各利用者に展開する方法です。利用者は各自にアプリケーションの追加ができます。
  • リンククローン方式は1台のVDIのOSイメージを複製し、利用者が共有して利用する方法です。こちらはアプリケーションの追加ができなく、作成した最初のVDI環境を変更する必要があります。
  • ネットワーク方式は自分のデスクトップの利用シーンをデータファイルとして作成します。それによりユーザーはオンラインにてデータファイルを活用してVDIを使用することが可能です。
国内外のIoT先進事例100選
Azure Cosmos DB 自習書 - Azure Cosmos DB Gremlin API 編 -

DaaSにはおもに3種類存在する

DaaSには3つの種類にて提供形態が用意されており、各企業は自社に相応しい提供形態から選択して利用することが求められます。DaaSで提供されている種類は「プライベートクラウド」と「バーチャルクラウド」、「パブリッククラウド」です。これらの提供形態の特徴とメリットを交えて詳しく解説していきます。

バーチャルクラウドDaaS

バーチャルクラウドDaaSではクラウド上に構築されたIaaSPaaS上に展開しています。そして、その環境におけるVDIを使用する方法をいいます。このDaaSにおける特徴として、高性能なセキュリティが確保され、独自にカスタマイズしやすい特徴があります。バーチャルクラウド環境を利用したDaaSを導入する各企業の環境に合わせて、オリジナルのVDI環境を各クライアント端末に割り与えられるサービスです。

プライベートクラウドDaaS

プライベートクラウドDaaSは自社サーバーに独自に構築されたクラウドを介してVDIを構築し提供する方法になります。VDI環境は高性能のセキュリティ性を確保し、安定運用が可能です。企業はOSやアプリケーション、セキュリティなど自由にカスタマイズして運用管理が行えるサービスです。

パブリッククラウドDaaS

パブリッククラウドDaaSは共有するクラウド環境でVDIを不特定複数の企業に割り与える方法です。パブリッククラウドDaaSは多くの提供先の企業でシェアして使用します。そのため導入費用は低価でカスタマイズ面は低く、セキュリティ面でも脆弱性が発生するデメリットがあります。しかし、企業独自でサーバーを管理するなどOSの手動アップデート更新やメンテナンスなどが不要になるメリットがあるサービスです。

DaaSと仮想デスクトップ(VDI)の違い

DaaSおよびVDでIは、共にクラウドにおけるVDI技術を使って仮想環境をクライアント端末に割り与えます。従来のPC端末と比べると、高水準のセキュリティを確保しつつ運用効率も同時に優れています。DaaSとVDIの違いはサービスを展開する場所と、どこの外部ベンダーになるかです。DaaSはクラウド上にてエンドユーザーへ提供するオンラインサービスになります。それに比べVDIは各企業における独自サーバーへVDI環境を提供することで自社のクライアント端末に提供しています。DaaSとVDIを利用する際はしっかりと検討することが大切です。

DaaSのメリットとは

DaaSは外部サービスベンダーが提供するVDI環境で、主に3つのメリットがあります。DaaSはVDI環境の導入にあたり、従来のデスクトップ環境と比べ、初期投資を抑えることが可能です。また、パブリッククラウドのDaaSを利用するとユーザー数や拡張、縮小が柔軟に対応もできます。DaaSは高いセキュリティ性を確保し、企業での運用負荷を低減させ、業務効率化が図れる環境です。そのため、従来の企業独自のサーバーやクライアント端末のようにメンテナンスやシステム障害が発生しても外部ベンダーが対応してくれるので負担が低減されるメリットがあります。

セキュリティを強化できる

DaaSはクラウド上からセキュリティを強化することができます。会社以外での仕事やテレワークなどの機会が増え、社外にPCを持ち出す機会も同時に増えています。その際に端末の紛失や情報漏えいなど様々なトラブル等のリスクを抑えることが重要です。DaaSはVDI環境を各クライアント端末に導入することで、端末自体の機能を最小限に抑え、データは直接サーバー上に保存することで、万が一端末を紛失した際の情報漏えいを未然に防ぐことができるのです。こうして、DaaSではクライアント端末の紛失からのデータ漏えいのリスクを最小限に抑えるが可能です。

データ管理を一元化できる

DaaSを利用することでデータを1つのプラットフォーム上で管理できるため、データの一元化が可能になります。複数のツールやクラウドソフトを使用せずに管理できるため、業務効率化が図れます。DaaSはオンプレミス環境のクラウド上で運用管理が可能であり、クライアント端末1台ずつの管理から全体的な管理に移行し、OSアップデートやアプリケーションのインストール、セキュリティ対策バッチ、データ保存など利用している全ての端末に対応できるサービスです。DaaSの運営管理は提供しているベンダーが行い、全ての端末を一括管理し必要に応じて環境変更や更新が可能で業務効率化につながります。

まとめ

DaaSは従来、各企業が独自に行ってきたサーバーの運用やクライアント端末の管理を低コストで行えるようになります。DaaSはVDI環境を提供しているため、従来のクライアント端末より高いセキュリティ性を持ち、社外に端末を持ち出す際の紛失や情報漏えいなどからのトラブルを事前に回避ができるサービスです。DaaSの概要と特徴、メリットを押させて自社に相応しいDaaSの種類を選択しましょう。また、DaaSとVDIの違いを知ることで、より安全で低コストのVDIの導入を実現できます。

Microsoft Azure製品カタログ
  • fb-button
  • line-button
  • linkedin-button
RELATED SITES

関連サイト

CONTACT

サイト掲載の
お問い合わせ

TOP