いまさら聞けないVDI(仮想デスクトップ)とは?その概要をわかりやすく解説

いまさら聞けないVDI(仮想デスクトップ)とは?その概要をわかりやすく解説

端末の集中管理、業務効率の向上、セキュリティ対策、パンデミックや災害対策強化のために今や当たり前の技術になったVDI。この技術は、皆さんの会社にとって大変有効な選択肢になるかもしれません。最近では、従業員が個人の端末を業務上で使うBYOD(Bring Tour Own Device)を採り入れる企業も増え、そこでもVDIは注目されています。本記事では、いまさら人には聞けないVDIについて分かりやすく解説します。この機会にVDIの知識を深めていただきたいと思います。

what-is-vdi

VDIとは?

VDIは「Virtual Desktop Infrastructure(仮想デスクトップ基盤)」の略です。その意味には、広義のものと狭義のものがあります。

広義のVDI

広い意味として一般的に使われるVDIは「仮想化されたデスクトップ環境」のことを指します。デスクトップ仮想化とは、通常ユーザーが使っている端末にインストールされているOSやアプリケーション、保管されている諸々のデータを端末内ではなく、サーバー側に集約管理することです。さらに、デスクトップ環境はサーバー側から実行され、ユーザーは同じネットワークに接続した端末を通じてデスクトップ環境にアクセスして日常の業務をこなすことになります。

ユーザー視点で考えると、目の前にある端末は単なる画面出力とマウスやキーボード操作用のものであり、本来のデスクトップ環境はサーバー側から提供されるということです。ただし、ユーザーがそれを意識するようなことはないので、普段通り端末を使うことができます。

デスクトップ仮想化は、高いセキュリティ要件が昔から求められてきた金融業界や公共機関を中心に普及していました。時代が流れるにつれ、それ以外の業界でも高いセキュリティ要件を求めるようになりましたし、何よりモバイルワークへのニーズが高まったことで業界業種を問わずデスクトップ仮想化が行われるようになっていきます。

現在では、働き方改革へ取り組むために、ワークスタイルの変革としてデスクトップ仮想化を目指す企業が増えています。

狭義のVDI

一方、狭い意味で使われるVDIとは、デスクトップ仮想化の実装方式を指します。デスクトップ仮想化といってもその実装方法はいくつか存在し、企業が抱えている業務環境などに応じて適切な方法で仮想化することが大切です。そのうちの1つがVDIであり、それ以外にもSBC方式など多岐に渡ります。

Microsoft Azure Sentinelで一つ上のセキュリティ対策を!PoC支援サービスのご紹介
「Windows Virtual DesktopにCitrix Cloudを組み合わせるメリットとは?」

VDI(Virtual Desktop Infrastructure)方式

サーバーに仮想化専用のソフトウェア(Microsoft Hyper-V、VMwareなど)をインストールして、その上に端末が利用する仮想デスクトップ環境を実行するのがVDI方式です。1人のユーザーに対して1台の仮想マシン(サーバー上で仮想化された、デスクトップの基礎となる環境)を割り与えるため、1台の端末を占有するのと同じ感覚で使用できます。

SBC(Server Based Computing)方式

VDI方式とは対照的に、1台のサーバーに複数のユーザーが接続して同じデスクトップ環境を使用するのがSBC方式です。主にWindows Serverに標準搭載されているRDS(Remote Desktop Service)という機能を利用します。各ユーザーが使うデスクトップ環境は基本的に共通であり、ユーザーが独自のアプリケーションをインストールすることはできません。VDI方式に比べると利便性では劣るものの、効率よくリソースを使えるのでコストは低減します。

このように、広義と狭義でVDIの意味合いが変わってきます。VDIベンダーと会話する際などは、狭義の意味で使われることが多いため混同しないよう注意してください。

VDIのメリット

VDIが注目されるようになった背景にはさまざまなものがあります。セキュリティ要件の厳格化、BPR(Business Process Re-engineering)による抜本的な業務改革、働き方改革への取り組み、事業継続性への取り組みなどなど。では、VDIはどのようなメリットを我々にもたらしてくれるのでしょうか?

1. サーバー資源を最大限活用する

通常、デスクトップ環境は個人用のものであり個人とPCが1対1の関係にあります。従って、会社が抱えているPC資産は従業員の数だけ用意され利用率などはあまり意識していないでしょう。外勤の営業などは、昼間はほとんど使わないなどといったケースもあるかと思います。つまり、利用率がバラバラであり有効利用できていないという側面もあるのです。

VDIは仮想化専用ソフトウェアを用いて、サーバーリソースを複数に分割することができます。そのため、1対複数で接続できるようになり、サーバーが持つ性能を最大限生かせるようになり、ITへの投資対効果が向上します。

2. デスクトップ管理を集約できる

社内に点在しているPCを1つ1つ適切に管理することは、IT担当者の悩みの種でもあります。端末すべてがどこで誰に使われているかを台帳で管理しながら、丁寧に管理しなければならないため業務負担が非常に大きくなります。さらに、アップデートやパッチ適用の対応漏れが起きたりセキュリティ上の問題も発生したりします。一方、従業員視点で考えると業務請負とは関係のないインストール作業やパッチ適用などの不慣れなPCメンテナンス業務など煩わしい作業と言わざるをえません。

VDIによってデスクトップ環境をサーバー側に集約すると、こうした問題は一気に解消されます。端末管理を一ヵ所で行えるようになりますし、インストールやアップデート対応も一括で行えることからIT担当者や従業員の業務負担は軽くなり、本来業務に集中できる環境が整うでしょう。

3. セキュリティ対策強化が望める

サイバー攻撃の玄関口になっているのは、ユーザーが日常的に使っているPCです。いくらマルウェア対策ソフトや高度なエンドポイントセキュリティを実施しても、ユーザーのセキュリティ意識に左右される部分が大きいことからセキュリティリスクが絶えず潜んでいます。

そうした中でVDIを構築し、デスクトップ環境をサーバー側に集約することでセキュリティ対策をIT管理者が一括で行えるようになるため、セキュリティ強度を高めることが可能になります。

4. 業務上の利便性をアップできる

VDIでは、ユーザーは異なるPCを使っても同じデスクトップ環境にアクセスできることから利便性が向上します。オフィスで使っているPCでも、社外持ち出し用のPCでも同じデスクトップ環境が使えるため、わざわざデータ移行作業を行ったりといった面倒なことは無くなります。また、出張時には他者の端末から普段利用している自身のPC環境にも安全にアクセスできます。

5. アプリケーション性能を向上する

デスクトップの実行環境を使っているPC内ではなく、ネットワークを介したサーバー側にアプリケーションを移行することでサーバーリソースを潤沢に活用することができるためパフォーマンスが向上します。

もし、サーバーリソースが足りない場合にはPCのメモリ増設や買い替えなどは発生せずにサーバー増設によって簡単にリソースを増やすことができます。また、冗長構成も簡単に取れるのでは性能向上だけでなく可用性の向上にも貢献してくれるでしょう。

今回はVDIについてわかりやすい解説を心掛けたため、細かい技術については言及していません。実際、VDIはもっと深い技術であり、さまざまなビジネスシーンで多様なメリットがあります。この機会にぜひ、VDI導入を前向きに検討してみてはいかがでしょうか?

Windows Virtual Desktop検証結果① ~WVDで解決できるVDIの課題とは?~
Microsoft Azure Sentinelで一つ上のセキュリティ対策を!PoC支援サービスのご紹介
「Windows Virtual DesktopにCitrix Cloudを組み合わせるメリットとは?」
いまさら聞けないVDI(仮想デスクトップ)とは?その概要をわかりやすく解説
Horizon Cloud on Azure 環境構築手順書 避けて通れぬマルチクラウド 活用を限られた人材でいかに 実現するか

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読

RANKING人気記事ランキング

関連記事