導入前におさえておくDaaSのメリット・デメリット

導入前におさえておくDaaSのメリット・デメリット

新型コロナウイルスの影響により、否が応でもリモートワークへ取り組まなければいけない状態が続いている企業も多いことでしょう。その中で企業の大きな心配事は、社員の労働生産性とセキュリティでしょう。

通説では在宅勤務を実施することで通勤不要などの理由から、社員の労働生産性が向上すると言われています。しかし、見切り発車的にスタートした環境では、さまざまな問題が浮き彫りになることもまた事実です。時間管理が上手くできない、同僚とのコミュニケーションが不足するなどの理由から、社員の労働生産性が下がったと判断する企業も少なくありません。セキュリティに至ってはオフィスでの作業を前提にしたシステムを利用するよりも低下します。

この状況下で注目されているのがDaaS(Desktop as a Service)です。DaaSはいわゆる仮想デスクトップ環境をクラウドで提供するサービスであり、最近ではMicrosoftが独自のサービスである「Windows Virtual Desktop(ウィンドウズ・バーチャル・デスクトップ) 」を提供したことが話題になっています。

もちろん、リモートワークにおいてもDaaS導入は有効です。しかしDaaS導入の前に、まずはそのメリットとデメリットをしっかりと把握することが重要です。本記事ではDaaSのメリット、デメリットをご紹介します。

導入前におさえておくDaaSのメリット・デメリット

DaaSのメリット

1. 一元化されるデスクトップ管理

リモートワークでは会社が貸与した端末、もしくは社員の私用端末を利用することになります。現状はおそらく、社員の私用端末の利用を促している企業が多いのではないでしょうか?

その場合、デスクトップの管理は社員個人の範囲にとどまります。端末ごとにエージェントを搭載した監視するソリューションもありますが、監視はできても管理までは行き届かないケースがほとんどでしょう。

一方、DaaSは各デスクトップがクラウドで提供され、そのすべてを中央から管理できるようサービスが設計されています。社員一人一人のデスクトップ環境がDaaS上に展開されているため、社員ごとの最適な環境を整えることも、適切な運用管理者がバージョン管理なども社内と同じように行えるわけです。

2. セキュリティの大幅な強化

リモートワークで懸念されるセキュリティ問題は深刻なものばかりです。ウイルス対策を実施することを条件に私用端末を認めても、本当に対策が取れているかまでは確認できません。たとえ対策が取れていても、社員が危険な使い方をすれば端末内の機密情報が漏洩する危険性をはらんでいます。サイバー犯罪者もこの状況をよく理解しているので、新型コロナウイルスによる外出自粛要請中は、サイバー攻撃が急増しているといいます。

DaaSは、デスクトップ環境を配信するのみで実態は全てクラウド上にあります。そのため社員のリモートワーク中の端末にはデータは一切残らない仕組みとなるため、個人のデスクトップからの漏洩はなくなります。さらに、Windows Virtual Desktopなど信頼性の高いクラウドプラットフォーム(Azure)上で稼働しているサービスの場合は、DaaSを利用するだけでセキュリティの向上へと繋がります。

3. 柔軟なリソースの増減

DaaSのようなクラウドの大きな利点は、必要に応じてリソースを増減できる柔軟性です。リモートワーク要員が増えてきたとしても、必要に応じてリソースをオンデマンドで増加させることで求める性能を享受できるのです。オンプレミス環境のVDIとは大きく違うポイントと言えるでしょう。

Microsoft365で実現する安全なリモートワーク環境
AI-OCR導⼊⽀援・提供サービス

DaaSのデメリット

1. クラウドによる遅延の発生

クラウドの場合、インターネット回線を通じてデスクトップ画面が利用端末に出力され、遠隔で操作することになります。そのため、ネットワークに対する負荷が大きく動作が遅く感じられることもあります。自宅のネットワークが貧弱な場合には、もしかしたら遅延を感じることもあるでしょう。しかし、昨今のテクノロジーでは画面配信技術などの向上もあることから、手元にあるデスクトップ環境を操作するのと同じような感覚で作業を行えるようになっています。このデメリットは、あくまでローカル端末を利用した場合と比較してなので、気にならない程度の遅延であることも多いことを理解してください。

2. 障害発生時の影響範囲

DaaSを提供しているサービスやサーバーに何らかの障害が発生すると、そこに接続しているすべてのデスクトップに影響が生じます。どれくらいの影響度かは障害の種類によって違いますが、最悪の場合は一時的に利用不可になることも考えられます。このため、ベンダー側が障害対策として何を実施しているかに着目することが大切です。このデメリットはクラウド利用時には必ずつきまとう内容ですので信頼のおけるベンダーのサービスを活用することがポイントとなるでしょう。

3. 新たなセキュリティリスク

DaaSによってセキュリティ性が大幅に向上する部分がある反面、新たなセキュリティリスクが生じることを忘れてはいけません。DaaSはクラウドで展開されるサービスです。そのためIDとパスワードが漏れてしまえば簡単に突破されるデメリットもあります。これもDaaSに限った話ではありませんが、一般的なクラウドサービスを利用する際に必要なセキュリティ対策を実施することが重要です。新たなセキュリティリスクに対してどのような対策を取るかが非常に重要になってくるでしょう。

DaaSの成否はサービス選びにあり!

いかがでしょうか?DaaSはリモートワークの成功に欠かせないソリューションの一つとして多くの企業から注目されています。今までオンプレミス環境で構築していたVDIに比べると圧倒的に迅速かつ容易に展開できることで多くの企業が期待を寄せているのです。

現在、DaaSと呼ばれるサービスは多種多様に提供されています。VMwareやCitrixなど大手仮想化ソフトウェアベンダーがAzureなどのクラウドプラットフォーム上で提供するもの、MicrosoftがAzure上で独自に提供するWindows Virtual Desktop、その他のソフトウェアベンダーが様々な製品を組みあわせて提供するDaaSソリューション。サービスごとの特徴は異なり、どういった状況に適しているかも異なります。

そのため、DaaSの成否で最も重要なのがやはりサービス選びです。自社がDaaSを導入する目的と期待する効果を明確にした上で各サービスの特徴を比較し、自社にとって最適なサービスは何か?を検討します。

本記事でご紹介したDaaSのメリットとデメリットを踏まえて、ぜひ自社にとって最適なサービスを探してみてください。

Windows Virtual Desktop導入支援・提供サービス
Microsoft365で実現する安全なリモートワーク環境
AI-OCR導⼊⽀援・提供サービス
導入前におさえておくDaaSのメリット・デメリット
Horizon Cloud on Azure 環境構築手順書 Microsoft Azureインシデント サポートサービス

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

ブログ無料購読

RANKING人気記事ランキング

関連記事