Azureを活用しモダンクラウドを実現するには

Azureを活用しモダンクラウドを実現するには

生産性の向上やグローバル競争なかでDX(デジタル・トランスフォーメーション)の重要性が増していますが、DXの推進にはクラウド技術の活用が欠かせません。一方で、クラウドをどのように活用すべきかと頭を悩ませている方もいるかもしれません。本記事では、企業の経営者やIT担当者向けに、Azureを活用したモダンクラウド実現について解説します。

Microsoft Azure製品カタログ

DX推進において欠かせないクラウド

さまざまなデジタル技術が発展し、これらを活用したDX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進が企業においても急務となっています。DXは対象とする範囲によってさまざまな定義がありますが、広義では企業やビジネスにおいてはデジタル技術を活用してビジネスモデルや業務プロセス、組織などを変革し、競争優位性を確立することです。デジタル技術には、AIやIoT、ビッグデータなどがあります。グローバルにおける競争力の向上や、今後人口減少が見込まれるなか生産性向上に向けて、DXの推進はますます重要になるでしょう。

DXを推進するにあたり、クラウドの活用が不可欠とされています。クラウドは、インターネットを介してさまざまなITリソースを必要なタイミングで必要な量だけ利用できるサービスを指します。ここでの「ITリソース」にはデータベースやストレージ、アプリケーションなどがありますが、クラウドを通じてこれらが従量課金となることで、所有型のシステム構築と比較して初期投資や運用コストを抑え、構築スピードも速くなります。つまり、クラウドは柔軟性や俊敏性が優れており、変化の速い時代に適応しつつ、DXを進めるうえで欠かせない技術といえます。

クラウドを活用するメリット

クラウドを活用するメリットはさまざまなありますが、特にITシステムの開発コストを抑えられる点にあります。自社サーバーを準備したり、自社あるいは委託で開発したりする必要がなく、初期費用を抑えられることに加え、導入スピードが速くなります。運用フェーズにおいても、クラウドサービスを利用した量に応じて課金する従量課金が一般的であり、使用量に応じてコストを抑えることも、たくさん活用する際にリソースを機動的に増やすことも可能です。さらに、クラウドの柔軟性を活かして外部システムなどとの連携もしやすくなり、業務効率をより高めることが可能です。

また、端末に依存せずにクラウドのサービスやプラットフォームを活用できるのも大きなメリットです。オンプレミス型のシステムは端末にダウンロードやインストールして利用するのが一般的ですが、クラウドを活用することで、インターネット環境さえあればマルチデバイスでアクセス可能です。よって、場所を問わずシステムを利用できるようになり、生産性や働き方の柔軟性の向上につながります。

クラウド活用における現状の課題

DX推進に欠かせないクラウドですが、その活用にあたり課題もあります。

まず、意思決定プロセスにおける課題です。特に伝統的である企業ほど、クラウドの利用における意思決定が従来と異なるものになるでしょう。具体的には、サービス導入の承認に加え、月々の更新やその支払い、そのための見積もりや請求書といったフローが従来のオンプレミス型のサービスとは異なります。

また、調達や使用量分析の把握や可視化も課題です。クラウドにおけるオプションや購入について、社内フローにおいて透明性を担保する必要があります。

さらに、コンプライアンス評価などの分野でも課題があります。契約やライセンスの管理、コンプライアンスが十分に達成するかを確認・担保する方法を確立する必要があります。

モダンクラウドを実現する「PyraCloud」とは

クラウド活用の課題を解決し、モダンクラウドを実現する「PyraCloud」の特徴について、3つの観点からご紹介します。

調達プロセスの効率化

まず、調達プロセスを効率化できます。つまり、すべてのソフトウェアのトランザクションから注文、請求書、契約といったフローをひとつのプラットフォームで確認でき、これらをトラッキング・管理できます。さらに、支出の履歴、複雑な契約管理や更新、グローバルEA True-up(補正発注)といったクラウド利用に欠かせないプロセスも効率化可能です。このように、ライフサイクルのオートメーション化を実現するのが大きな特徴です。

クラウド環境の最適化

クラウド環境を最適化できるのもモダンクラウドの強みです。多くの企業で導入されているAzure、AWS、Office 365、Adobeといったクラウドサービス全体の使用量を把握したうえで予測もします。クラウドの使用量における業務利用の状況を明確に可視化し、予算と実際の支出を見比べながら支出管理を行います。

現在と将来に関する支出をインサイト

現在と未来に関する支出の洞察を提供することも可能です。ビジネスにおけるクラウド使用の需要やソフトウェアの実際の使用量をトラッキングしながらリソースを管理しますが、そのうえコスト削減可能な部分を特定・分析も可能です。これにより、コンプライアンス強化にもつながり、クラウドリソースにおけるセキュリティも強化します。

SoftwareOneがAzure活用をサポート

SoftwareOneは、Azureクラウド環境の構築や活用をサポートします。多くの企業が必要性を感じているクラウドへの移行は、成功すれば効果は大きいものの、そのプロセスは大変なイメージもあるでしょう。SoftwareOneは、クラウド移行に必要なプロセスからAzure環境の構築や活用をサポートしています。具体的には、Azureの基本に関するワークショップといったアドバイザリーから、サーバー移行、SQL移行に加え、クラウド環境をビジネスに応じて最適化するところまで、トータルでサポートすることも可能です。これにより、リスクやコストを抑えながら短期間でクラウドが持つ価値を存分に活かせるようになります。

・参考:「SoftwareOneがAzureクラウド環境の構築をサポートすることを解説(P10)」

まとめ

クラウドが持つ柔軟性や俊敏性の特徴から、昨今求められるDXを推進する鍵を握っているといえます。初期費用や導入期間を抑えられ、便利なクラウドではありますが、意思決定プロセスや使用量分析、コンプライアンス評価といった課題もあります。SoftwareOneのPyraCloudを活用し、モダンクラウドを実現しましょう。

RELATED POST関連記事


RECENT POST「クラウド移行」の最新記事


Azureを活用しモダンクラウドを実現するには

RANKING人気資料ランキング

RECENT POST 最新記事

RANKING人気記事ランキング